スポーツニッポン新聞社の「第4回 スポニチ印面大賞」に川口工場が選ばれ、3月14日、東日印刷で開かれた「毎日新聞グループホールディングス 印面QC会議」の冒頭に表彰式が行われました。

 スポニチ印面大賞は、第1回を2016年に海老名工場が受賞しており、首都圏センターとしては2回目の受賞になります。表彰式には、渡辺悦夫社長と長谷川徹工場長が出席。スポニチの河野俊史社長から、受賞を記念して、クリスタルガラスの表彰盾と副賞の浦和レッドダイヤモンズの槙野智章選手のサイン入りユニホームが贈られました。

 川口工場は2016年12月の「第4回毎日新聞グループホールディングス印刷クオリティ大賞」に続く受賞となりました。受賞を励みに、紙面品質の一層の向上を目指してまいります。